1. HOME
  2. ブログ
  3. 新着情報
  4. 強欲は罪??

アキラ@FX億トレーダーの公式ブログ

3年間で14億円稼いだ、FX日本ランキング1位のトレーダー

新着情報

強欲は罪??

こんにちは FX日本ランキング1位のアキラです。
2回目のブログになる。今回タイトルを「強欲は罪??」とした。
まずは、これを見てもらいたい。

8月5日のツイート。これはアキラが3年で14億円を稼いで、その先さらに3ヵ月で倍以上の30億円にすると宣言したものだ。
3ヵ月で16億円以上稼ごうという話だから普通の感覚からはぶっ飛んでいる。結果は皆も知っての通り、今日の時点で6000万円くらいしか残っていない。

ここで失敗原因について考えてみる。
多くの人は焦りすぎとか欲を出しすぎたために失敗したのだと答えるだろう。実際にアキラがロスカットした時にはそういったコメントを沢山目にした。

でも本当にそれが悪かったのだろうか?

FX本などでも必ずといっていいほど書かれている「資金管理を考えた運用」とは、要するに資金を無くしたらトレードできなくなるから無くならないようにする事。トレードで負ける事はあるからその時の負け額を抑える事。
つまりマイナスをおさえて安全にローリスク運用を推奨しているのである。この場合にリターンがあっても小さいのはセットだ。
これを本や雑誌、SNSなどでも影響力ある人間が言い続けるものだから、皆もそれが正しいと信じて疑わない。

でも本当にそれが正しいのか?

トレードしている皆には真剣に考えてもらいたい。
上記の教科書通りの正しい運用とは、言ってみれば10万円を1ヵ月で1万増やして11万円にしようって話だ。もしプラン通りいけたとして年間でどうなる?10万円が12万増えて22万円になるだけだ。
倍以上増えていいじゃないか、と思うかもしれない。でも考えてみろ。
1年間頑張ってきて12万円の収入だったらアルバイトでもした方がマシだろ?
時給1000円だったとして120時間、1日3時間働いたって1年の365日の内の40日働けば12万円は確実に貰える。トレードと違って減るリスクは無しだ。

いや、待て。その計算だと1000万円で始めれば年間1200万だからいいって?
バカやろう!1000万円持ってる奴がこのブログなんて見てるかよ!そんな奴は今頃、ハワイのビーチでオシャレなカクテル飲みながら、夜は金髪ビッチ2人と3Pしてるに決まってるだろ!

普通の人はFXに10万円入れるのだって大変だ。おれも働いていた時そうだったから分かる。
そのなけなしの10万円で1年に12万円稼いだって人生何も変わらない。風俗4~5回行って終わってしまう。
おまえらFXをはじめた目的を忘れるな!?
今の生活を、自分の人生を、風俗に行く回数を、大きく変えたくてはじめたんじゃないのか?
だったら教科書に書かれている資金管理なんてタイタニックと一緒に沈めてしまえ!

10万円で0か100かのゲームをすれば、単純に0になるか20万になるかだ!
そしたら、もう一度MAXBETで勝負20万円が40万円に、次は40万円を80万円にする!

10万円スタートで何回勝てば1億円になると思う?たった10回だぞ。
たった10回でいい!本当だ。

1回勝ち、10→20
2回勝ち、20→40
3回勝ち、40→80
4回勝ち、80→160
5回勝ち、160→320
6回勝ち、320→640
7回勝ち、640→1280
8回勝ち、1280→2560
9回勝ち、2560→5120
10回勝ち、5120→10240

FXで10連続勝利は難しい話じゃない。1年やってれば10回くらい勝てそうなチャンスはあるさ。当然失敗することもある。でもマイナスは最初の10万円だけ。
それで1億円掴むチャンスを買えるんだ。
どうだ?もう一度聞くけど、1年で12万円ほしいのか?それで人生変わるか?
逆に1億円あれば人生変わるか?変わるよな
もう答えは出ただろう。
資金管理だ、安全トレードだなんて教科書は今すぐゴミ箱に捨ててアキラだけを見ればいい。

アキラは、このスタイルでトレードしている。これは最初から皆にも伝えている。

それなのに教科書に洗脳されたアンチどもから損切りできない下手くそなどと批判がたえない。アキラが大量コメントに返信できないことをいいことにネガティブキャンペーンをするのはやめてもらいたい。
そして皆には信じてもらいたい。

おれがやっている事の全てに理由がある。

今回の記事はトレードの考え方で、詳しいトレード手法については次回で書いていこうと思う。
じつはアキラは、トレード手法をずっと非公開にしていた。
「公開することはない」と宣言してきたトレード手法ではあるが、
次回の記事から詳しく全てを公開する事に決めた!

大好きなみんなのため、役に立ちたいと思ったから。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事